2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
最近のこと
もう、だいぶ前ですが、2歳の誕生日プレゼントにもらった
おままごとセットにご満悦のピー子です。

IMG_0457_2.jpg

システムキッチンと、お茶会セット。
どちらもわたしの趣味で選びましたが・・(笑)

матрёшка ハート 鹿 ハート アルパカ? ハート 鹿 ハート матрёшка

ちょっと最近はバタバタしてました。
自分のためにも記録しておこうと思います。

12月8日。
健診の時に紹介してもらったリハビリセンターで
詳しく診察を受けました(理由は独歩しないと言うことで)。
1時間近くじっくり診察とわたしの話を聞いてもらいました。
運動面に関しては「全く問題がない」とのこと。
ただ、広汎性発達障害の疑いもある、とのことでした。
ですが確定できるのはもっともっと先のこと。
これからじっくり見ていくことになりました。

診察に行く日まで時間があったので、自分でもいろいろと調べていた時に
この病名が出ていたことや、知人にアスペルガーの方がいらっしゃったことや
独身時代に精神科で看護師をしていたことから
この病気について全く知らなかったわけではないので
それほど衝撃はありませんでした。
それに、後からもっと詳しく調べていたらますます
「本当にピー子がこの病気なんだろうか?」
と、疑うばかりです。

確かに、敏感で繊細で頑固な所はありますが、
親子関係は密着して形成されてると思います。
まだ付け焼刃的な知識しかないのですが、病院でもらったパンフレットには
「人間は言葉以外にも五感を通していろいろな情報を受け取り、
脳内で整理して自分の中に取り込んで思考・行動しているが
この病気はその取り込んだときの整理がうまく行かず、
社会性の獲得やコミュニケーションに支障がきたす」
と言うようなことが書いてありました。
しかし、ピー子は目に見える症状が似ているだけのような気がするのです。

マイナスな部分ばかり数えるのはよくないのですが。
・音に敏感(家の廊下を誰かが歩いただけで怖がる)
・手についた汚れが気になる、そのせいで食事が進まない、手づかみしない、スプーンを持たない
・食べた時に落ちたご飯粒を拾わないと食事が進まない、お食事エプロンが付けられない
・スカートやレースのついた服、上着、靴下を嫌がる
・ものすごく偏食で小食
・新しい環境を怖がる
・全体的に成長がゆっくり(独歩しない、言葉は単語)
・甘えてくることが少ない(最近はそうでもないかな?)
でもこれだけだと、「マイペースでおとなしい慎重派な子」とも見れると思います。
目もあわせるし、指差しもするし、こちらの言ったことを理解して行動していそうなときも多いし
最近はちょっとだけわたしに共感を求めるようなこともしだしたし。

なので、あまり深く難しく考えないでおこうと思います。
年内に検査と診察と作業療法の予約、そして採血をして帰りました。
(4人の大人に押さえつけられ、泣き叫ぶピー子にホロリ・・)
集団に係わることもピー子にいい刺激になるみたいなので
(実際、友達と遊んで帰った日とかは活発になってる)
一時保育とかも考え出していました。

9日午前中。
その病院から電話があって
「重篤な貧血の所見が出た。すぐに大きな病院で詳しく見てもらってください。
入院の可能性もあります」

と切羽詰った様子(のように見受けられた)で言われ、
動転して泣きながら電話を切りました・・(笑)

10日。医大に受診。
同じ血液検査をしたところ、
「急速に状態が悪化していくものではない」
「鉄不足から来る貧血ではない」
「赤血球が壊れて起こる貧血でもない」
とのこと。そして、
「一部の検査結果しか出ていないので全部の検査結果が出てから、
また今後のことを決めましょう。
ある種のミネラル不足か・・万が一の場合、骨髄液の検査もあるかもしれません
えええええ!!大人でもイヤなのに、骨髄液を採るだなんて!!
ひどくても何日か入院して鉄剤を点滴して終わりだと思っていたのに!!

家に帰って
「まあ、でも元気そうだしたいしたことはないだろう」
と理由なく楽観視していたところにご主人さんが物騒な病名を出してきて
ざわざわざわざわわたしの中の小人たちが踊りだす・・・・・・(`з´)
もらった検査結果を見ながら
わたしの古い古い学生時代の教科書を引っ張り出してきて調べまくった所、
(夢中になりすぎてフライパンを焦がしたよ~)
ビタミンB12不足、葉酸不足から起こる「巨赤芽球性貧血」っぽいです。
ピー子は食べるものが限られてるし。
というか、これであってほしい。
どうか大層な病気ではありませんように。
1週間後の再診まで、心穏やかに過させてください・・(´・ω・`)
 
Secret
(非公開コメント受付中)

no subject
巨赤芽球性貧血という病気があるんだ。
ムスコは入院したときたまたま貧血がみつかって
半年くらい鉄剤を飲み続けていたよ。
それもあって、今でもなんとなく鉄分の多い粉ミルクを
飲ませてしまっているの。
でも、ピー子ちゃんは鉄分がどうのとかそういうものではないんだね。
骨髄液の検査は、想像しただけでもうぅぅ・・ってなるね(ノд・。)
治療に入って早く貧血治るといいね!


りこさんへ
そうだよね、確かそうだったよね。
コウちゃんもよく頑張ったよねぇ・・まだ赤ちゃん時代だったよね。

この年代の子は、貧血と言えば鉄欠乏製貧血が
ほとんどらしいんだけど、ピー子はなんなのかしらね?
早く原因が分かって治療を始めたいよ。


ぉぃιぃ訪問者
ぉぃιぃヒト

はらぺこあおむし

Author:はらぺこあおむし


hi7.png
ご主人さん→ぐるめなみそじ。にく欲まみれのにくめない父。好きな食べ物はにくとお菓子。持病は肩こりと冷え症。

aki7.png
わたし→おにぎりときのこに目がないみそじ。好きな場所は台所。
キュウちゃんを妊娠中にITPになりました。徐々に落ち着きつつあります。

riyo2.png
ピー子→2008年11月28日生まれの5歳児。愛称「りよきちキャット」のこびとさん。プリップリのこれからのヒト。いつも喋っています。
MMAの治療のため、週に2回の注射と服薬治療を頑張っています。
でも、元気。

waka2.png
キュウちゃん→2011年11月19日生まれの女の子。愛称「ワカ坊」、健康体です。食べ物と面白いことを探して今日も目をギラ☆ギラさせて狩りをしています。愛着のおくるみが必携です。

momo3.png
愛犬もも→ちょっとおばかなパグ12さい。
H25.3.4 お空に帰りました。

おむすび  おむすび  おむすび  

このブログに書いてあること、特にMMAやITPなどの病気に関することは素人が調べて勝手に理解して書いているだけなので、間違っている情報も含まれているかもしれません。
正しい情報その他、何でも教えていただけるとありがたいです。

ぉぃιぃ記事
ぉぃιぃ発言
ぉぃιぃ分類
ぉぃιぃつながり
ぉぃιぃ月
ぉぃιぃを探す
ぉぃιぃお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。