2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
めぐりあわせに感謝
ピー子の病気が大変珍しいものであると分かったのですが、
不思議なめぐり合わせがたくさん重なっていたことも分かりました。

まず、人とのめぐり合わせ。。

3ヶ月健診の時に中学の同級生・ミヨミヨちゃんと出会ったこと。
ミヨミヨちゃんはナチュラルな暮らしを実践して日々前向きに楽しく暮らしている子なのですが、
ミヨミヨちゃんに食の大切さを教えてもらい、
わたしに食に関して見直すきっかけを与えてくれました。
実際、わたしのそれまでの考え方と、180度くらい、違うものでした。

しかし、生活スタイルを変えるのはなかなか難しく、
乳児のピー子を抱えて右往左往している毎日で、なかなか実践できず、
本を読んだりしてしばらくは「なるほど~」と思って満足していただけだったのですが、
ちょうど1年前くらいに、ネットのお友達・りこ。さんから
幕内秀夫さんのことを教えていただき、早速図書館で借りて読んでみたのです。
そしたら、「これならわたしでも出来るかも!」と思い、
ちょっとずつ生活の中に取り入れていくことができたんですね。

そのおかげで、ピー子はもともと食べないのもありましたが、
(おそらく、自分の体に不必要なものは分かっていたのでしょう)
動物性のもの、乳製品、卵など、ほとんど取らずにここまで来ました。
↑これらのもの、、、タンパク質がいっぱいです。
ピー子の体には毒となる物質です・・
食事として出したら食べなくても、お菓子にして出したらピー子も食べるんです。
だから、みんなに出会えていなかったら、
知らない間にわたしがピー子の体に負担になるものを与えてしまっていたかも・・
そう思うと怖くなりました。

そして、病気の発見のめぐり合わせ。

たまたま行った1歳半健診。
3ヶ月健診の時の栄養指導のトラウマで、10ヶ月健診はパスしたんです。
ですが、1歳半の健診は、ママ友みんなに一度に会えるし!と思って行く気になったんです。
そしてその健診の時に、発達がゆっくりだから、2歳の時にもう一度来てください、と言われ、
2歳になって行ってみたら診察の先生が小児科の先生。
(田舎なので、専門が違う先生だったりするのですよ)
そこで、「まだ歩かないのは遅すぎる・・」と言われ、
わたしに危機感を持つきっかけをくれました。
そして発達の専門病院を紹介され、その病院でも、わたしも、
発達の方にのみ、問題があるのでは、と思っていただけだったのですが、
採血したところで珍しいタイプの貧血が見つかり、
急いで医大受診、原因を調べていくと・・・メチルマロン酸血症とのこと。
比較的早期に発見できたのです。本当によかった。

のんびりしていたわたしは「成長がゆっくりなのはこの子の個性なんだ」
と思って、歩かないこともそれまで正直、全く気にしていませんでした。
今から思えば、夏にぐったりしていたのは暑さのせいではなく、
貧血や何か他のことも原因だったのでしょう。
ですが、わたしは「去年もそうだった、でも秋がきたら元気になったから、今年も大丈夫」
と、決め付けていたのです。
だから、あの1歳半健診に行ってなかったら、発見するのもかなり遅くなっていたかも。。

そう思うと、本当にめぐり合わせを不思議に思うとともに、
すご~~く、ありがたいなぁ・・って思っているのです。
神秘的な話ですが、きっと見えない力の作用ってあると思うよ。
だから、わたしもいただいた分、人にいろいろと与える人間でありたいなぁ、と思っています。
 
Secret
(非公開コメント受付中)

病院通いや病気の発見など、さぞかし不安で心配だったのでしょうね。
でも、治る病気とのこと早めに気づけたことはよかったです。

教育学者のシュタイナーは「赤ちゃんは産んでくれるお母さんを選んでお腹にはいってくるんだ」なんていいますが、普通に考えたら変な話なのだけど、あおむしさんのところは「この人なら病気があってもきちんと育ててくれるに違いない エイヤッ」みたくピー子ちゃんがお腹に宿ったような気がしてしまいます。
これまでの記事をよませていただいても、とても素敵なお母さんだとほんとに思いますよ。
これから病気を乗り越えていけますようにかげながら応援しております。


おとーちゃんさんへ
こんばんわ。コメントまで残してくださってありがとうございます!

治る病気かと言われたら、治らない病気なのですよ・・><
発作を起こさないように生活していくことくらいで・・
でも、あまりよくないように考えずに頑張ります。
普段の娘を見ていたら、病気とは思えないほど元気ですので・・!

そうそう、赤ちゃんはお母さんを選んでやってくる、というのは
聞いたことがなかったと思うのですが、
以前からも娘はわたしを選んできたなぁ、と思うことがよくありました^^;
わたし自身は全然ダメダメな新米母ですし、
毎日迷ってばかりなんですけれど、
ふとした時によく、そういう事を感じるのですよ。

おとーちゃんさんの子どもちゃんに対する接し方とか、見方とか、
すごくすばらしいなぁって思っているので
褒めていただいて嬉しいです^^

いつも質問に答えてくださってありがとうございます。
またブログ、拝見させていただきますね。


ピー子ちゃん、とてもめずらしい病気だったんだね(>.<)
でも病名がハッキリして、対処法などもわかってきて
よかったと言っていいのかな。
色んなめぐりあわせがピー子ちゃんの体のためになっていたなんて、
偶然が必然のような、なんだか不思議な話だね。


りこ。さんへ
こんばんわ~
りこ。さんには幕内さんを教えてもらってどうもありがとう(*^_^*)
そうそう、不思議なめぐり合わせ、自分の今までを振り返ってみると、
重大な分岐点とかに、結構あるような気がするよ。
自然といいほうを選んでたりとか、自然とよくなるように進んでたりとか。
不思議だねぇ。

そうそう、一歩前進できたのはすごくよかったよ!
何もわからない状態でなんなのか、モヤモヤした状態って
すごく不安でしんどいものだったから・・!
これからはどうするべきか、って言うのはまだ全部はっきり決まってるわけじゃないんだけど、
少しずつできることからはじめようと思うよ^^


ぉぃιぃ訪問者
ぉぃιぃヒト

はらぺこあおむし

Author:はらぺこあおむし


hi7.png
ご主人さん→ぐるめなみそじ。にく欲まみれのにくめない父。好きな食べ物はにくとお菓子。持病は肩こりと冷え症。

aki7.png
わたし→おにぎりときのこに目がないみそじ。好きな場所は台所。
キュウちゃんを妊娠中にITPになりました。徐々に落ち着きつつあります。

riyo2.png
ピー子→2008年11月28日生まれの5歳児。愛称「りよきちキャット」のこびとさん。プリップリのこれからのヒト。いつも喋っています。
MMAの治療のため、週に2回の注射と服薬治療を頑張っています。
でも、元気。

waka2.png
キュウちゃん→2011年11月19日生まれの女の子。愛称「ワカ坊」、健康体です。食べ物と面白いことを探して今日も目をギラ☆ギラさせて狩りをしています。愛着のおくるみが必携です。

momo3.png
愛犬もも→ちょっとおばかなパグ12さい。
H25.3.4 お空に帰りました。

おむすび  おむすび  おむすび  

このブログに書いてあること、特にMMAやITPなどの病気に関することは素人が調べて勝手に理解して書いているだけなので、間違っている情報も含まれているかもしれません。
正しい情報その他、何でも教えていただけるとありがたいです。

ぉぃιぃ記事
ぉぃιぃ発言
ぉぃιぃ分類
ぉぃιぃつながり
ぉぃιぃ月
ぉぃιぃを探す
ぉぃιぃお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。