2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
感覚統合4回目
(自分用メモです)

IMG_1394.jpg

目で見てわかる情報のほうが入りやすいので、
カレンダーに予定を書き込んでみましたが
思い立った勢いでしただけなのでごちゃごちゃしてます・・^^;

でも、ピー子はこの方法がすんなり頭に入るらしく、
次の日の予定もよくわかるし、
心の準備ができるからか、幼稚園に行くのもぐずらなくなりました。

ただ、午後の予定を書き込むと、朝から
「まだ行かないの!?なんで!?」って感じでそわそわするのです・・^^;
***

感覚統合4回目行ってきました。

いつも思うのですが、本当に先生の洞察力はすごい。
ピー子の社会生活を送る上でチョット支障になっている、
非常に怖がりで非常に敏感な部分の、
原因と対策を論理的に答えを出してくださる。

いつものように「これから始まる」となるとぐずりだすわけですけれども、
「あの訓練が嫌なのだね、早く慣れてくれるとよいけれど、無理かな」
で終わってしまうところを、
先生は何が良くないのかを考えてくださるのです。

登場の仕方もそうですし、部屋まで一緒に行くのが良くないイメージが付いちゃったのか、とか
ではピー子が先に遊んでて、ピー子世界を作ったところに入っていくのは良いのかとか、
部屋が雑然としてるからダメなのか、とか。

たしかにそうなのです、
先に誰もいない部屋に入って遊んでるところに先生が来るのは受け入れられると思うし
鉄の無機質な遊具がドーンドーンと置いてあるのも怖いと思います。
わたしが前もって「もうすぐ先生が来るから」と言ってしまって身構えていることもあるはず。
ただこれは親の私だから傾向として分かることなので
そういうふうに先生に言われたことで、
ピー子が変わり者なのではないんだと分かったし、
たいがいピー子の「こうしたらダメだけどこうしたら大丈夫」だなんて
ほんと細かいことだから、わざわざ人に言わないし、
先生の方から言われたことが、なんだか嬉しかったでございます。

ようやく分かりましたが、この訓練を通して
ピー子の社会生活をスムーズに送ることを阻んでいる
「敏感すぎること、とっても怖がりなこと」を
克服することが目的ではなく、
なぜピー子は得た情報をそういうふうに捉えてしまうのか、
その原因を探って、怖いと思うことを違う方向からアプローチし、
「こういうふうに対処すれば出来るんだ」ということを知ってもらい、
たくさんの体験を作り、経験を積んでいってもらうことが目的のようです。
すなわち、
「怖いと思ってもいい、敏感であってもいい、
でもその時に避けるのではなく、
社会で生きていくためにどう世渡りしていくかを知ってもらう所」
であるみたいです。

この日は、ピー子がどういう動きをするかを見るために
ほとんど口出ししないで見守っていました。
ぬいぐるみの置いてある場所もきちんと覚えていて、
前回やったことと同じ遊び(ブランコにぬいぐるみを置いて自分とかーさんが乗る)
をしました。
ぬいぐるみを並び替えて延々とその遊び。
やはり、いつもと同じ事が安心するようです。

先生が乗っていいかと尋ねると固まってしまうのは
やはりまだ先生にココロを許していないからのようです。
それでも、先生とは割とよく喋ります。
「これのせようかな」「のらないからこれよけようかな」
「こっちにおいたらどうなるかな」など・・
ここでビックリ、ピー子が心を許すかどうかは「操作できる相手かどうか」
らしいのです!!

「○○して」といった時に、自分の思うように動いてくれるか。
動く者が「安心できる者」として認めてくれるらしい・・(笑)
最近少しましになりましたが、かーさんの行動にいちいち指示を出し、
一字一句話す言葉を決めたり、こういう角度でここを通ってここに座るとか
もうホント疲れるわ~って事が多かったんだけど・・
そういう事だったのか。

箱にごちゃまぜにぬいぐるみが入ったところは触ろうとしない。
それはやっぱり目から情報を得ることが得意なので、
逆にぱっと見てなんだかよくわからないものは怖いらしい・・
だから、人ごみも苦手なとこがあるんだって。

初めて見るものや、なんだかよくわからないものを怖がるけれど、
かーさんがやってみて、触ってみて大丈夫だと分かると安心するらしい。
やっぱ耳で聞くより、目から見る情報のほうが頭に入りやすいみたい。
それから、これをやるのはかーさんが第一番目で、
あとは家族がどっこいどっこいで、知らない人だとやったらダメ、
みたいなとこがあります。
ただ、最近、同じ年頃の子がやるのをみて、若干興味を示すので、
幼稚園に行って、参加できなくてもいろんな子がすることを見ることは
本当に経験になるようです。

決して、やらされてできたことではなく、
大丈夫、と安心して自分でクリアできた問題は
割と記憶力もよいので、次に同じ事に対面しても
すんなりすることができるようです。

だから、こうやってできた経験を増やしていくことは
ピー子の生活の手段の選択肢を増やしていくようなものなので
とても大事なことのようです。

言ってみれば、困難なことに直面した時に、
対処法を考えて乗り越えていくのではなく、
「こういう方法もある」的な記憶のストックを作っていくようなもので
コンピューター的といいますか・・
一口で言えば、あまり想像力がないのです(笑)

というわけで、客観的に見たら、
本当に面倒くさい扱いのお子なのですが、
ありがたいことに、わたしは「子どもとはこういうものだ」
と思っていたので、いちいち面倒くさいと思わずにここまで来ました・・(笑)
なので、キュウちゃんを見ていると、
「なんと楽すぎる子!!」と思うのです。
まさに「子どもは放っておいても大きくなる」の典型的な姿です。
あの獲物を探す目、態度のデカさ、危険なことも顧みず率先して崖に落ちていくような好奇心・・

ピー子のカワユさはヒトクセあるカワユさで
キュウちゃんのカワユさはプリッという言葉が似合うカワユさで
寝相の悪い二人に挟まれ蹴られても
かーさんはめげずに大人しく隙間で寝るのです・・(´ω`)
 
Secret
(非公開コメント受付中)

感覚統合訓練の記事、興味があってずっと読ませてもらってます^^
感覚統合訓練って、世間でいう「カウンセリング」にも似ているんだな~って感じました。
その子供バージョンというのか??
「原因と対策を論理的に答えを出して、社会で生きていくためにどう世渡りしていくかを知ってもらう」という所がまさにそんな感じだなと思いました。
大人なら先生の話を聞いて理解して、改善してゆけたりもするけれども、まだ小さな子供さんの場合だと、自分自身の事ながらも、どうして良いか分からなくて悔しい思いをする事も多いと思うから、先生が上手に気持ちを察して誘導してくれる事は、親としても凄くありがたいし、そういう先生の存在はとても力強いよね^^
ぴーちゃんが今以上に楽しく生活を送れる事が出来るように私も陰ながら応援しています!
カレンダーの絵、凄く可愛い~!^^
あとツイッター突然止めちゃってごめんねv-356
念のため消去前にダイレクトメール送ってみたけど届いていたかな?
相変わらずHPの方は健在なのでこれからもよろしくね~♪


カレンダースケジュールかわいいですねぇ(@>ω<@)
私にも絵心があったら言葉の理解が遅い娘に
もっと分かりやすく教えてあげられるのに…。

今トラコさんは1週間単位でスケジュールを提示しているのですが
去年はもう少し理解が低かったので1日分のスケジュールを出していました。

100均で買ってきたホワイトボードに
大まかな1日の予定を掲示するのですが
ブログ記事:http://torajimi.exblog.jp/14330617/
こんなやつをカレンダーの近くに置いてあげたら
「いつ行くの!?」のそわそわが減るかもしれません。

ピー子ちゃんは言われたことをきちんと理解する力は十分持ってるけど
目で見て確認できる安心感は別格ですからね~♪
大人でも、そうですもんね。


Kannaタンへ
あら、本当だわ!!カウンセリングみたいだよね。
これは私に対するカウンセリングでもある感じだし、
もちろんピー子に対してでもあるよね。

そもそも、全くの他人で信頼出来る人、って多分まだ一人も居ないよ・・(;´Д`)
先生が信頼出来る人だ、って分かったら、かなり世界が広がるかも!!

そうだね、話を聞いてどうしたら良いかっていうのを理解することはかなり難しいけれど、
こういう遊びを通して、っていう手段があることにビックリだよ。

そうそう、ツイッター、届いてたんだけど、返信送れないからどうしようかな・・って思ってたとこ^^;
Kannaタンのツイートが見れないのが寂しいけれど・・またHPおじゃまさせてもらうね^^


torajimiさんへ
記事読みました!!わかりやすく書いてくださっってありがとうございます!!
一日のスケジュールを色分け、とは。なるほど~って思いました。
そもそも、こういう方法が広く世間に広がっていることすら知らなくて。
もっと色々と知ったら、リヨキチも過ごしやすくなるのかもしれない、って思いました。
さらにトラコさんがリヨキチの行動パターンと同じようなところがいっぱいありびっくりデス。
「わからないことが不安」だとか。「構造化」という言葉も初めて知りましたが、
リヨキチには必要なことのように思います。
あと、問題は字が読めないのでその絵が何を意味するか、っていうのを分かってもらうところからですよね・・
なので、絵が下手なのもあり、馴染み深い「アンパンマン」「ひよこ」「注射器(笑)」「自分の顔」を先に使って、これが何を意味するか後付けで説明したんですけど。
馴染み深いのですぐに覚えてくれましたが、これ以上数は増やせないな~というところです。

あと、記事とは関係ないのですが、普通の子でもあそびに夢中ならこちらの声が耳に入らないことは多いはずなのに、
リヨキチはほとんど人の話を聞き漏らしたことがないのです。
これも敏感すぎる所以なのでしょうか?

そうそう、ウチもなんだか夏の頃とは様子が違って来ました。ものすごく私に指図するのですが・・
確か去年もそうだった、と最近思い出しました。。
秋ですね~。。


ぉぃιぃ訪問者
ぉぃιぃヒト

はらぺこあおむし

Author:はらぺこあおむし


hi7.png
ご主人さん→ぐるめなみそじ。にく欲まみれのにくめない父。好きな食べ物はにくとお菓子。持病は肩こりと冷え症。

aki7.png
わたし→おにぎりときのこに目がないみそじ。好きな場所は台所。
キュウちゃんを妊娠中にITPになりました。徐々に落ち着きつつあります。

riyo2.png
ピー子→2008年11月28日生まれの5歳児。愛称「りよきちキャット」のこびとさん。プリップリのこれからのヒト。いつも喋っています。
MMAの治療のため、週に2回の注射と服薬治療を頑張っています。
でも、元気。

waka2.png
キュウちゃん→2011年11月19日生まれの女の子。愛称「ワカ坊」、健康体です。食べ物と面白いことを探して今日も目をギラ☆ギラさせて狩りをしています。愛着のおくるみが必携です。

momo3.png
愛犬もも→ちょっとおばかなパグ12さい。
H25.3.4 お空に帰りました。

おむすび  おむすび  おむすび  

このブログに書いてあること、特にMMAやITPなどの病気に関することは素人が調べて勝手に理解して書いているだけなので、間違っている情報も含まれているかもしれません。
正しい情報その他、何でも教えていただけるとありがたいです。

ぉぃιぃ記事
ぉぃιぃ発言
ぉぃιぃ分類
ぉぃιぃつながり
ぉぃιぃ月
ぉぃιぃを探す
ぉぃιぃお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。