2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
就学に向けて
夏休み明けから我が家は(私は)バタバタとしています。
秋は運動会などの行事が多いことや、ピー子の就学のことで動いたりしていました。
園と話し合ったり、友人に相談したり、主治医に意見を聞いたり、それで家族と話したり、
また園と話したり、その決まった方向で病院から意見書を取り寄せたり、
小学校に話を聞きに行ったり。
はたまた子どもたちが風邪をひいてピー子は幼稚園最後の遠足に行けませんでした(;_;)
そしてキュウちゃんは42度という高熱を出しました・・(もうすっかり回復してますが)
また、手続き関係がみんな11月までに締切があり、ピー子の小児慢性特定疾患、
特別児童扶養手当、障害者手帳・・なんかの書類も集めたり、役場に行ったり。
私の運転免許の切り替えも11月だし、そんなこんなしてたら自分の特定疾患の意見書をもらうのをすっかり忘れてました(;_;)

※ここに書く事はあくまでも、私が大まかに理解しているだけのことなので、
正しくないこともあるかも知れないし、自治体によっても違うかもしれません。

さて、就学についてですが・・
ピー子は通常の学校の支援級に属することになりそうです。
(11月の就学指導委員会で決定するそうです)

小学校からの進路の選択肢には、
1、通常の学校、通常の学級に通学する
2、通常の学級に所属しながら週に何時間か通級(療育のようなもの)を受ける
3、通常の学校の特別支援学級に所属する
4、特別支援学校に通う
だいたいこんな感じらしいです。

少し前まではピー子は1、でいいんじゃないかと思ってたのです。
家庭でも、幼稚園でも特に問題はないと思ってたし。

ですが、運動会の崩れ具合(いつもと違う行事に戸惑う)や家でも少しモチベーションの下がり具合が気になったのと、
主治医の意見書にバッチリと「広汎性発達障害の可能性あり、十分な配慮が必要なんたら」って書いてあったのです(´Д`;)

家でも、数年通った幼稚園でも、特に問題がないけれど、小学校に上がったら(環境が変わって)崩れてしまうというのがいわゆる発達グレーのお子さんに多いらしい。
ピー子はもう大丈夫、なんてあぐらをかいていてはいけないのかもしれないと思い直しましたよ。
辛いのは本人なのですから。

さて、2、の通級は、うちの町にも通える範囲にもないので、論外になってしまったのですが、
3、の支援級は、自分が子どもの頃にあった「養護学級」は本当に分けられていて、
給食の時くらいしか一緒じゃなかったように記憶しているのですが、今は違うらしいのです。
基本的に過ごすのは普通学級で、何か援助が必要な時に部屋に行って休んだり、クールダウンしたり
するようです。
先生もベッタリと付いているわけではないようです。
ピー子は常時医療の介入が必要な訳じゃないし、情緒的にも比較的支援は必要ではないんじゃないかな。
だから、本当に「何かあったとき」先生が入ってくる、みたいな感じになりそうです。
ただ、これも最終的には親が決定権をもっているみたいで、親自身が「ほとんど支援級で先生と1対1で過ごして欲しい」
と言えばそうなるし、「できるだけ離れてて欲しい」と言えばそうなるみたい。

支援級には(制度的?に)
「知的障害」「情緒障害」「弱視」「難聴」「言語障害」「肢体不自由」「病弱・身体虚弱」に分かれているらしいです。
各クラス上限は大体8人で先生1人だそうです(支援学校になるとまた変わってくるようです)
ピー子は慢性疾患を持っていますが、さっきも書いたように体調的には安定しているので、
病弱学級ではないと判断されるかもしれませんが、その辺は主治医の意見書が左右するみたい。
(つまりうちの場合は主治医が「厳重な監視の下になんたら・・」って書いてくれたので、病弱学級になりそうです)
来年度は病弱の子はピー子だけらしいので、先生もピー子専属になりそうです。

そして小学校見学の時にお会いした支援級の先生ですが、びっくりするくらいに
発達障害についてお詳しくて・・だいぶ安心させていただきました。
ピー子、男の人には絶対喋らず、目も合いにくいのですが、「緘黙」というお言葉で表してくださいましたし
(普通なら「頑固ねぇー、なんでかしら?」になるのに)
聴覚過敏の子が苦手な系統の音も察してくださいましたし、その他、ピー子が苦手とすることも
感覚的に分かってくださいました。
ものすごく勉強してらっしゃるのか、そういうお子さんを数多く見てこられたのか、
今後なにか困ったことがあったら相談できる!と思いました。

ピー子の困り感の話をしていた時に校長先生がふと「ピー子ちゃんの得意な面はどんなところですか?」と
お聞きになったのですが、もしかしたらそれは親を(言葉が悪いけど)試したのかもしれないと後になってちょっと思いました。
病気を持つ子、障害のある子を育てることは結構大変です(自分で言うのもなんですが)。
親自身が子どもの良いところに目を向けているかどうか・・聞いてみたのではないかしら。

ピー子のいいところは数字に関連した記憶力です。
「○日に△△した」とかよく覚えています。
あとは数字に関連した切り替えの良さ・・
「○時になったら~する」というの、最近は「6時になったらバァの部屋に行く」がこだわりです。
何があっても毎日行きます(笑)

小学校の見学をした時に、色々とピー子のウィークポイントは見えてきました。
ちょっと暗いところ、トイレ・・・(ここ重要)
トイレは大きめの大人用トイレ(和式)、そして換気扇が回っているのです。
換気扇が回っているとだいたいパニクって「無理!入れない!」となるのですよ。

あと、通学するのに遠いというところ(子どもの足で1時間くらい歩く)。
朝は分団で登校ですが、多分最初は送っていかなきゃいけないだろうなぁ~

でも、お部屋も明るかったし、楽しめるように先生が色々と工夫されていたので!
あとは本人のやる気を高めるために、入学までにプラスイメージで固めないとね。

あ、そうそう・・キュウちゃんも幼稚園入園ですが、こちらは姉の様子を見ているので、
余裕でやる気たっぷり、最初からバスでも行く気マンマンです(´Д`;)
正直、ほんと何も心配してない・・
 
Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんは
 お久しぶりです、お元気ですか???
 といっても私のこと覚えていますでしょうか???
 実はたまにブログを拝見していて、コメントしようかどうかいつも迷って、結局しないということを繰り返しています。
 色々大変かとは思いますが、陰ながら応援しております。
 はらぺこあおむしさんのご家族に幸多かれ!!!
 


スタさんへ
こんにちは!お久しぶりです!!もちろん覚えていますよ。お元気にされていますか?
今はブログなどされてないのでしょうか?
コメント、どうもありがとうございます。気づくのに遅くなってしまい、お返事もだいぶ遅れちゃいました。すみません。
見てくださっていたのですね。なかなかコメント書くところまで出来ないことって多いですよね、私もです。だから気になさらないで下さいね^ ^
秋から冬にかけての時期は我が家はずっと誰かしら体調悪く、今も落ち着かない夜なんですが…^^;
スタさんもどうぞお体に気をつけて!!


ぉぃιぃ訪問者
ぉぃιぃヒト

はらぺこあおむし

Author:はらぺこあおむし


hi7.png
ご主人さん→ぐるめなみそじ。にく欲まみれのにくめない父。好きな食べ物はにくとお菓子。持病は肩こりと冷え症。

aki7.png
わたし→おにぎりときのこに目がないみそじ。好きな場所は台所。
キュウちゃんを妊娠中にITPになりました。徐々に落ち着きつつあります。

riyo2.png
ピー子→2008年11月28日生まれの5歳児。愛称「りよきちキャット」のこびとさん。プリップリのこれからのヒト。いつも喋っています。
MMAの治療のため、週に2回の注射と服薬治療を頑張っています。
でも、元気。

waka2.png
キュウちゃん→2011年11月19日生まれの女の子。愛称「ワカ坊」、健康体です。食べ物と面白いことを探して今日も目をギラ☆ギラさせて狩りをしています。愛着のおくるみが必携です。

momo3.png
愛犬もも→ちょっとおばかなパグ12さい。
H25.3.4 お空に帰りました。

おむすび  おむすび  おむすび  

このブログに書いてあること、特にMMAやITPなどの病気に関することは素人が調べて勝手に理解して書いているだけなので、間違っている情報も含まれているかもしれません。
正しい情報その他、何でも教えていただけるとありがたいです。

ぉぃιぃ記事
ぉぃιぃ発言
ぉぃιぃ分類
ぉぃιぃつながり
ぉぃιぃ月
ぉぃιぃを探す
ぉぃιぃお手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。